FDR-X3000について思うこと

本日6月24日、SONYから新型アクションカム"FDR-X3000"が発売されましたね!

 

www.sony.jp

前回から4K対応モデルであるFDRシリーズの新作になります。

ネットではすでに話題になっておりますが、本機は「空間光学手ブレ補正」が内蔵されてます。

 

今までにもアクションカムにも手ブレ補正が内蔵されていましたが、それは電子式というものでした。

端的に言うと画角をクロップし、そのクロップ部を充てがうことで補正された映像にしていました。

 

しかし今回のは光学式の手ブレ補正です。SONYのハンディカムではおなじみの補正方式ですが、中のセンサーがブレを補正するように動くことで映像を安定される機構です。

 

しかも公式サイトの書きっぷりだと、画角が失われることもないとか…

今までの画角を犠牲にするなんちゃって補正から、これは相当の進化だと思います。

 

 

 

さっそくレビュー動画が上がっているので見てみましょう。


【4K】アクションカムFDR-X3000 vs X1000V 手振れ補正比較

 

これはすごいww

1000Vは4K撮影時だと手ブレ補正が効かないので、厳密な比較になっていないような気もしますが…

正直内部補正でここまでできるのには驚きました…

 

 

しかしながら1000Vの画角と比較すると、若干画角が犠牲になってますね。

1000Vまでの120°までは削れていないでしょうが、これは少し残念だなと思いました。

ですが実用性が凄まじいので、超広角でなくてもいいという方にはまず間違いない製品だと思います。

 

あと、最短撮影距離が50cmになってしまった(前作は25cm)のは要注意かもしれません。

ピントが合わなければ手ブレもへったくれもありませんのでw

 

 総評するととても良い家電製品だなと感じました。

カメラではなく、家電製品だなぁ…と。

個人的には多少の尖りがあっても良いので、これでしか絶対に撮れない映像を叩きだしてくれる、そんなウェアラブルカメラのほうがワクワクするんですがね。