RAZER Tartarus ChromaをMacで使う!

※続きを書きました。

 

solk231.hateblo.jp

 

 

明けましておめでとうございます。

今年はもう少し更新頻度をあげていきたいな、とも思っていますのでよろしくお願いいたします(`・ω・´)ゞ

 

さて、新年一発目ですが、PC関連商品を購入いたしました。

f:id:solk231:20170108214017j:plain

 

左手キーボードでおなじみのRAZER Tartarus Chromaです。

 

 

 

なぜ購入したのか?

このRAZER Tartarus Chromaですが、左手キーボードと言われるもので、主な用途としてはゲームの効率化を目的とするものです。

 

しかしながらゲームにしか使用できないわけではなく、任意のキーをソフトウェアごとに充てがうことができます。

そのため、イラストレーターやプレミアプロを用いるクリエーターが作業効率化のために使うニーズも一定数あります。

 

今回私が購入した用途としては後者に当たります。

私は主にはLightroomを用いたRAW現像が多いのですが、その現像作業の効率化を狙います。

キーにはキーボードのボタンだけでなく、マクロ(ex.command + shift + c)を充てることもできます。

 

一週間ほど使用してみての感想

①手に馴染む造形と相当の利便性

流行りの『エルゴノミクス(人間工学)』ってやつです。

フィット感は抜群で、全く疲れを感じません。

これに関してはロジクールのG13よりも段違いではないかと思う。

LOGICOOL アドバンスゲームボード G13r

LOGICOOL アドバンスゲームボード G13r

 

また、マクロを充てがえる機能は相当優秀です。

Lightroomの現像時に、右手にMagic Mouse、左手にTartarusですべての作業が満たされるので作業に集中できます。 

 

Macとの相性に難がある??

私の環境の場合、この製品及びRAZER SYNAPSEを使用しはじめてからWiFiを見失うようになったり、

Lightroomの等倍表示で挙動がおかしくなったりといった不具合を確認しています。

 

しかしながらPRAMクリアしたりLightroomを再起動することによって現象が改善されるので、はっきりとした原因は掴めていません。

同様の現象はネットには見当たらない(そもそもMacでの使用例が少ない)ので、なにかわかれば共有しようかと。

 

③LEDの発色は思ったほど気にならない

購入前は『絶対アンダーLEDはオフにしよう』と思っていたのですが、案外目立ちません(笑)

オフの設定もあるのでそこで躊躇する必要はなし。