Razer Tartarus ChromaをMacで3ヶ月使ってみての感想

年始にRazer Tartarus Chromaを購入して、早3ヶ月が経ちました。

 

solk231.hateblo.jp

 

ゲーミングパッドの位置付けですが、私のメイン用途はlightroomでのショートカットキーですのでそちらを交えて紹介していきます。

 

lightroomでのプリセット

Tartarusは左上から順に1から15のキーがあり、任意にショートカットを割り当てることができます。

f:id:solk231:20170416151706p:plain

ちなみに私は、

 12345
F Y R E
 678910
0 D
 1112131415
1 ⌘+shift+c ⌘+shift+p G

この設定で作業しております。

マクロを組むこともできるので選択肢は無数にあります。

特に2,3,7,8,9,12,13あたりはよく使うコマンドで、慣れると作業効率がグッと向上しました。

 

Tartarusを使う上での個人的な注意点

前回のエントリーでチャタリングが発生すると書きましたが、あれはMacとRazer Synapseとの相性ではないかと思います。

色々と試行錯誤した結果、lightroomに限らずチャタリングが不定期に発生するので、これは対応待ちです。

たまに出るくらいなので、慣れてしまえばどうということはありません。

 

個人的に一番厄介だと思ったのは、Razer Synapseをダウングレードしたいときです。

Razerのサイトには最新版のインストーラーしか置いておらず、バックナンバーが公開されておりません。

アップグレードにより不具合が発生する場合 も十分考えられますので、バージョンごとにインストーラーを保存しておくことを強く推奨します。

私は一度Time machineでインストーラーを取りに行きましたから(笑)

 

3ヶ月使用してまだ粗い部分もありますが、総じて合格点だと思っております。

Macで使いたい需要は少ないと思いますが、ご参考までに。