健全な精神とはなにか

特に重たいことを書くつもりはありません。
自分へのメモとして。

最近家に帰ってきても仕事でのイライラ案件を気にするようになった。
プライベートはきっちり分ける性分なのですが、寝ても起きても仕事のことを考えてしまう。
最中、私は身体を悪くしてしまい医者にかかった。医者からは運動不足を指摘された。

それをきっかけに暇を見つけてロードワークを始めたのだが、文字通り「怪我の功名」があった。
しばらく走っていると走りに意識が完全に集中する。ランナーズハイというやつであるが、それが妙に心地よい。
走り終わると、程よい疲労感とスッキリした心があった。仕事のことをプライベートにまで引きずっていたあの感覚が消えていた。

ふと私は「健全な精神は、健全な肉体に宿る」ということわざを思い出した。
ストレスフルなこの社会で健全な精神を維持するためには、やはり健全な肉体(運動や睡眠)なのだということを。